ブランデーが誕生するまで

HOMEその他のウェブサイト, 記事一覧 > ブランデーが誕生するまで

ブランデーの原料はワインと同じブドウで、中でも糖分が少なくて酸味の強い白ブドウが適しています。

そしてブランデー造りでは、より深い味わいを出すためにワイン造りで使うよりもさらに多くの白ブドウが使われ、まず収穫した白ブドウをつぶして果汁を搾りとり、それを低温でじっくりと時間をかけて発酵させます。

酸味の強いブドウを使って発酵させることで、アルコール度の弱い酸っぱいワインが出来上がりますが、この特徴が次の段階の“蒸留”でより上質のブランデーを生む条件になるのです。

次に、発酵を終えたワインをさらに蒸留させます。

“蒸留”にはさまざまな方法があり、2回の蒸留を行う“単式蒸留法”では
香りがフルーティーで、力強くてコクのあるブランデーが、1回蒸留の“半連続式蒸留法”では男性的で力強くクセのあるブランデーが、微妙な蒸留コントロールが行われる“連続式蒸留法”では軽やかで飲みやすいブランデーというようにそれぞれに出来上がりが違ってきます。

蒸留を終えたワインは“ヌーベル”という無色透明のお酒になり、次にこれをオーク材の樽に入れてゆっくりと熟成させることによって、琥珀色をしたまろやかなブランデーの原酒が誕生します。

他にもブドウの種類や、熟成期間などによっても原酒の個性は異なってきますが、最終段階でそれらをブレンドすることによって、さらに味わい深い魅力あふれるお酒となります。

“ブランデー”というとバやクラブなどで人気のお酒で、渋い雰囲気の大人の男性がグラスを傾けて静かに飲んでいるというイメージがありますが、最近ではブランデーにオレンジや桃などのフルーツを入れて炭酸で割ったものが女性や若者の間で人気を集めているようです。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.