外構工事に使われる資材≪鉄筋コンクリート≫について

HOMEその他のウェブサイト, 記事一覧 > 外構工事に使われる資材≪鉄筋コンクリート≫について

外構工事でもよく使われる“コンクリート”は、上からのかかる圧縮力には強いのですが、
材料の粘り強さが低かったり、引っ張る力に弱いという弱点もあります。

そのために地震などによって一方方向から荷重を受けると、反対側には引っ張る力が働き、さらにたわむ力も弱いためにいきなり壊れてしまいます。

これを補うために登場した“鉄筋”は、鉄に少量の炭素を混ぜたものを棒状にしたもので、コンクリートとは逆に“引っ張る力に強い”という性質をもっていることから、内部に埋め込むことによってコンクリートに引っ張りに耐える力と粘り強さとをもたせることができます。

逆に、鉄には酸素と結び付いて酸化しさびてしまいやすいという弱点がありますが、アルカリ性のコンクリートという環境の中に置かれることによって酸化を防ぐことができるというように、両者は互いに弱点をカバーしあう関係にあるのです。

ところが、年月を経るにしたがって酸性雨などによってコンクリートの内部には二坂炭素などと結びついた炭酸カルシウムが生成され、アルカリ度は表面部分から徐々に低くなって中性に傾いていきこのような理想的な関係は崩れ始めます。

つまり鉄は錆びやすくなり、錆びた鉄が膨張して内部からコンクリートを傷め、ひび割れなどを生じさせてしまい、そこからさらに水や酸素、二酸化炭素などが入り込んで劣化が進んでいくことになります。

また、コンクリートを作る際に使われる砂は川砂が理想的なのですが、大きな川の少ない近畿以西の地域では川砂の代わりに海砂が使われることが多いようです。

そして塩分を含んだ砂は、コンクリートの弱点を補ってくれる鉄筋に致命的なダメージを与えることから日本では、鉄筋コンクリートの寿命は50年程度とされています。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.