オーラリーディング

HOME生活・文化, 記事一覧 > オーラリーディング

“オーラ”という言葉は、ギリシャ語のアウラー (aura:息)に由来するもので私たちの体から放射される霊的なエネルギーのことをいいます。

そして90cm〜120cmと人によって大きさもいろいろで、形がきれいに整っている人もいればいびつな形をしているものもあって輝きもそれぞれに異なっています。

さらに詳しく見てみると、オーラは7つの層に分かれていて先天的なものや肉体、精神、感情、前世、過去、未来などの情報を表現しています。

体に最も近い部分にある第1層は、肉体に関する情報を表現する層で、白や灰色がかったブルーをしていて肉体を守る役割を果たしています。

第2層は感情を表現する層で、人によって赤やピンク、グレー、グリーン、ブルーなどとさまざまですが、ネガティブな場合には暗い色が混じり、ポジティブな場合にはきれいな色になります。

第3層は思考や精神状態を表現する層で、たとえばあなたが誰かにアイデアを伝えようとするときにはそこに黄色い玉のようなものができて、それが相手のオーラに向かって飛んで行くように見えるのだそうです。

第4層は、第1層から第3層までを統括しているもので、これがその人のもつ雰囲気として表現されます。

さらに第5層は、未来の健康状態を、第6層は未来に対して抱いているイメージを、また一番外側にある第7層は金色の線でできていて神とのつながりを表現しているとも言われています。

中には肉体としての体の中にもう一つ、魂としての体があってここから出る光がオーラで、この光は同時に魂を守っているという人もいて、いじめに合いやすかったり、魂を傷つけられやすかったりする人というのはこのオーラに傷がついているからで、オーラを強化することによって問題は解決するとされています。

電話占いによる“オーラリーディング”などを利用して、まず自分のオーラを診断してもらうのもいいかも知れませんね。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.