親権が有利なのはどっち?

HOME生活・文化, 記事一覧 > 親権が有利なのはどっち?

離婚について、悩むことはいっぱいありますが、離婚をしたいけど我慢している……というような人の理由の多くに、子どもの存在があります。

子はかすがいとも言いますが、やはり子どもの存在というのは、離婚をしたくない理由のひとつになることでしょう。

夫婦の間で、いろいろなことがあったとしてもやはり我が子を引き取りたい、という気持ちは強くあると思います。

実際「親権」というのは、離婚の時に決めることの中でも、揉めることの多いことのひとつです。
どちらも、自分の子どもを引き取りたいと望んでいる場合、折り合いが付かないケースが多いのもこの「親権」です。

親権がとれるかとれないかによって、子どもと暮らし続けることができるかどうかが決まるのですから、譲れなくても当然のことです。

それでは、実際に双方が「親権」をとりたいと考えている場合、父親と母親のどちらのほうが「親権」をとりやすいのでしょうか。

日本では、一般的に「母親」のほうが親権をとりやすい傾向があります。

協議離婚の場合でも、母親が親権をとっているケースのほうが多いと言えます。

ただし、もちろん離婚の理由や原因、そしてこれから育つ子どもの家庭環境を考えて総合的に判断されますので、母親だから必ず親権がとれるというわけではありません。

とくに、裁判離婚などになった場合には、総合的に考えて、子どもの育成環境が良いと判断された側に親権をもらうことができますので、どのような形で離婚後も子どもと関わっていきたいのか、離婚について考える際には、弁護士と相談してしっかりとしたビジョンを持つことが重要です。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.