事務服を洗濯機でクリーニング

HOME生活・文化, 記事一覧 > 事務服を洗濯機でクリーニング

制服のクリーニングは、会社によって、定期的に行なってくれるところもあれば、希望して有料で行なってもらうことができるところもあったり、自分でクリーニングをしなくてはならないというところもあったりしますので、不安な人はまずは手洗いからチャレンジしてみると良いでしょう。

手洗いもそれほどで手間のかかるものではありませんが、それでもやはりめんどくさいと感じる場合には、ちょっと工夫をすれば十分洗濯機で洗うこともできますので、チャレンジしてみてください。

まず会社制服についている「取り扱い表示」というものを見てみるというところは、手洗いの場合と変わりません。

おしゃれ着洗いなどの中性洗剤を使って洗濯機で選択をする場合には、まず制服のボタンやファスナーなどはすべてきちんと止めることが、形を崩さないためにも大切なことです。

そして制服を裏返しにし、一枚ずつきちんとたたんで、それぞれ洗濯ネットに入れるようにしましょう。

あくまでも形を崩さないということがポイントになりますので、この部分をしっかりと行えば失敗は少ないですが、逆にこの部分で手を抜くと、制服にへんなシワがついてしまったりする可能性がありますので、注意が必要です。

そこまでできたら、洗濯機で30度以下のぬるま湯か水で、弱流水で洗いましょう。

洗濯機のコースでいえば「手洗いコース」などがあると思いますので、それを使用し、あとは手洗いの時と同じように、ハンガーにかけてボタンを止めて、陰干しをするようにしましょう。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.