内科アルバイト求人募集 ≪女性医師≫

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 内科アルバイト求人募集 ≪女性医師≫

1970年代には、日本の女性医師は全体の10%程度にとどまっていましたが、現在では医師免許の合格者に占める割合も30%以上と年ごとに増加し、今後数十年間で女性医師の数は全体の40%近くに達すると予測されています。

ところが、年代が高くなるにしたがってその割合は次第に落ちて行く傾向にあります。

女性医師が医師という仕事を続けるのは大変で、結婚や出産、育児といった女性の特性をすべて犠牲にするほどの覚悟が必要ですが、さらに激しい競争を勝ち抜いて管理職に就くには、医者として男性以上に優れた能力と精神力とを求められます。

医学生の時点では、女性の方が成績も良くて高く評価されるというのはよくあることのようですが、一人の医師として社会に出ると能力的な部分は二の次で、女性か男性かということが評価に大きな影響を与えることが多いようです。

……患者としての立場から見ても、女性の医者よりも男性の医者の方が頼りになりそうに思えてしまうようなところがありますし、特に年配の男性の中には女性医師に対する偏見の強い人も多いですね。

けれども婦人科や心療内科に関しては、診察においても細かい心遣いがあって安心できますし、いろいろなことを相談するにも話しやすいということからやはり女性医師の方がいいという人が多いようです。

また、総合的に診断してもらえるというイメージが強くなって信頼度も高まるからか、婦人科だけよりも婦人科に内科や心療内科が併設されている医院の方が女性に人気があります。

そこで、内科アルバイト求人募集などを利用して臨床経験を積むことで、婦人科医としてだけでなく内科医としての実力も身につけておくことをお勧めします。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.