過失相殺と弁護士

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 過失相殺と弁護士

交通事故にあった後には、なるべく早く弁護士に相談することをオススメします。

しかし、交通事故にあったら、報告しないといけないのは警察や保険会社であって、なぜここに弁護士が必要になるの?と不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

弁護士の仕事にはさまざまなものがあり、弁護士は多くのシーンで活躍をしていますが、交通事故の後の対応についても、弁護士は相談に乗ってくれたり、代理でさまざまな手続きをしてくれたり、示談の中身をしっかりと確認してくれたりもします。

その中でも、判断に悩むような事案の際には、とくに弁護士の活躍というのが目立つのではないでしょうか。

たとえば、交通事故の案件を難しくするのは「過失相殺」と呼ばれる部分で、過失相殺というのは、事故の状況によって、被害者側にも過失があると認定された場合には、損害賠償の際に相殺をされることになります。

交通事故などの場合には、加害者の非が100%であるというケースは少なく、状況にもよりますが、被害者側にも過失があったとされることがあります。

もちろん、過失が多少あったからといって、損害賠償をしてもらえないというわけではありませんが、受け取ることのできる損害賠償額の一部が相殺されて、受け取ることのできる損害賠償額が減ってしまうというのはよくあるケースです。

過失割合の判断はとても難しいもので、専門的な知識が必要になってきます。

何も知らないままに示談にされてしまっては困りますので、弁護士に相談して過失相殺が正しく行われているのか判断してもらうことも重要です。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.