任意売却とサービサー

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 任意売却とサービサー


任意任意売却では、サービサーというのもよく聞く言葉です。サービサーとは、不良債権処理のため債権買取・回収会社で。法務大臣の許可を必要とする会社です。債権管理回収業に関する特別措置法という法律ができるまでは、債権者本人またはその代理人弁護士しか債権回収ができませんでした。しかし、債権が何らかの形で暴力団などにわたり、暴力的な回収等が行なわれることもあり、それを防ぐのが目的で作られた法律です。ところが、バブルの崩壊によって、膨大な不良債権がでてくると、不良債権が大手銀行を圧迫し、ひいては世界経済に影響を及ぼしかねないということになり、厳格な条件下で民間会社にも債権回収を認めることにしたのです。
任意売却後の残債についても、銀行や保証会社を経て最後はサービサーによって回収するという流れになっています。サービサーは現在100社以上あり、住宅ローンでの住宅金融支援機構の残債の回収も、民間のサービサーに委託されています。一般にはあまり聞くことのない会社名なので、回収の電話が入ったときなどには驚く債務者もいるようです。
サービサーといっても、消費者金融に化せられているのと同じように取立て規制があります。たとえば、午後9時から午前8時までは訪問してはいけない、債務者の意思に反する勤務先の訪問などです。サービサーは、金融機関などの委託をうけて債権の管理・回収をおこなう場合と、債権を譲受けて債権者として債権の回収をおこなう場合があります。実際には銀行や保証会社が債権の管理・回収をサービサーに委託しているのが実態です。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.