大阪の交通事故対策

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 大阪の交通事故対策


大阪の交通安全対策はどうなっているのでしょうか。とはいえ、交通事故を起こすのは人であって、運転者や歩行者が交通ルールを守って、それぞれに注意すれば多くを防ぐことができます。一人一人の努力が重要なのですが、交通ルールを守らない人、ルールや危険性を認識していない子供、身体の衰えがきていることを自覚できない高齢者などは、誰かが教えてあげないと安全は守られません。日頃から意識しておくことが大事です。
(財)大阪府交通安全協会など、各都道府県には交通安全の啓蒙を進める団体があります。交通安全週間などの期間に、交通安全を呼びかけるチラシを配布するだけでなく、小学校や老人ホームなどで実際の危険な場面を想定したシミュレーションを行い、危険度を認知してもらう講習会を開催することも、この機関の大きな仕事です。また、交通安全への意識を高めてもらおうと、トラック、バス、タクシー等、車を使う事業者に対して、参加事業所ごとに無事故・無違反を目指して取り組んでもらい優秀な事業者を表彰するコンテストも開催しています。
大阪の交通事故を防ぐためには、市民一人一人が交通安全の意識を持って安全な運転、あるいは歩行などをすることが大事です。大阪市内のある区では、秋の全国交通安全運動にあわせて、「交通事故死ゼロを目指す日」として、地域の主要交差点10箇所で一斉早朝街頭啓発が行われました。こういった取り組みも住民の交通意識を高めるのに大いに役立っているのです。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.