過払い請求では満額戻ってこない場合もある

HOMEビジネス関連, その他のウェブサイト, 記事一覧 > 過払い請求では満額戻ってこない場合もある


過払い請求のコマーシャルを見ていると、完済した借金でも必ず満額、あるいはそれに近い金額が戻ってくると錯覚しそうなくらいの印象を持ちます。しかし、必ずしもそうではないのです。そもそも引き直しをする段階で、業者が取引利益を開示しなかった場合、借りた人の側にある証拠書類や記憶に基づいて引き直し計算を行うしかありません。最近では経営難で過払い金を支払いたくない業者も多く、不利な証拠はなかなか開示してくれないようです。だから実際の借入金額が当初の計算とは間違っていたという場合もあるでしょう。
過払い金が発生すると思っていたのに、条件を満たさないために対象からはずれてしまった、ということもあるでしょう。これらは、たいへん難しいケースもたくさんあり、ある意味仕方のないものでもあります。
過払い金請求を行う対象になる業者が倒産していた、合併で会社がなくなっているといった場合には、手間と費用ばかりかかり、回収可能な確率が少ないといえます。
借金をして間もない場合では、元金に繰り入れると相殺してしまうので、過払い事態が発生しません。過払い請求は、一般には消費者金融などでグレーゾーンにかかわる利子の分だけ戻ってくるしくみですので、それ以下の利率の借金については戻ってきません。つまり、一般の銀行から借りたお金や住宅ローンなどでは過払い金は発生しません。
過払い金が発生しているかどうか、紛らわしい部分があります。完済してから10年以上経過している借金については時効が成立しているので過払い金は戻ってきません。しかし、連続して借金をしている場合は、条件が揃えば一連お取引として時効が成立しない場合もあります。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.