民事再生とは?

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 民事再生とは?

債務整理の1つである“民事再生”は“民事再生法”による再生手続きで、自己破産とは違って借金の返済が免除されることはありませんが、借金の1/5かまたは100万円のどちらか多い方に減額してもらうことができます。

つまり最低でも100万円以上は返済しなければならないというもので、借金の総額が100万円以下の場合、借金は一切免除されないので気をつけておきましょう。

また群馬での例を挙げると、債務者の借金総額が300万円の場合、1/5で60万円であることから多い方の100万円を支払えばいいことになりますが、換金性の高い250万円相当のダイヤの指輪を所有していたために250万円は最低でも支払わなければならなくなっています。

他にも民事再生手続きを行うと、政府の発行する官報に名前が掲載されたり、ブラックリストに情報が登録されてしばらくは新たな借り入れをすることができなくなりますが、戸籍に載ったりすることはないので、家族や知人、親戚などに知られてしまう危険性はほとんどないようです。

このようなデメリットとは逆に、民事再生手続きでは、従来通りのローン支払いさえすれば持ち家を処分することなく借金の一部を免除してもらったうえで、残りを分割で支払うことができるという大きなメリットがあり、元金部分も最大で80%免除してもらうことができるので、借金の額が多い場合には任意整理よりも大幅に減らすことができます。

また、就業制限もかからないので保険業や不動産業、警備業に従事している人でも職を失う心配がないというメリットもあります。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.