自賠責保険について

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > 自賠責保険について

“強制保険”とも言われる“自賠責保険”は交通事故の加害者が自動車保険に加入していなかったり、ひき逃げされた時などに最低限の補償が受けることができるようにという目的で国が運営している対人補償制度で、公道を走るバイクや自動車は加入が義務付けられています。

また群馬の某保険会社の資料によると“被害者を救済する”という目的から自賠責保険では、被害者は基本的には多少の過失があった場合でもそれによって賠償金が減らされる、いわゆる“過失相殺”の対象にはなりませんが、被害者側の過失が70%を超えた場合には減額され、さらに飲酒運転や無免許運転、50キロを超えるスピード違反、信号無視などがあって100%被害者に過失があると認められる場合には保険金は支払われません。

被害者が自転車に乗っていて赤信号を無視した場合、被害者過失は80、加害者過失は20とみなされて自賠責保険の支払いは通常の70%に、被害者が歩行者で赤信号を無視した場合には被害者過失は70、加害者過失は30とみなされて自賠責保険の支払いは通常の80%に減額されます。

自賠責保険の請求は一般に、被害者が加害者の車にかかっている自賠責保険に対して“被害者請求”という形で行いますが、加害者が被害者に治療費などの賠償金を支払っている場合には“加害者請求”という形で加害者が自分自身の自賠責に請求を行います。

また保険会社によっては一旦全額を被害者に支払って後で自賠責保険から自賠責で支払われる分を請求して回収するところもあります。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.