ジャージタイプの介護服

HOMEビジネス関連, 記事一覧 > ジャージタイプの介護服

動きがハードな介護の現場にぴったりなのが介護服ですが、ジャージタイプの介護服も良く見かけます。

ジャージタイプの介護服は介護にはぴったりのユニフォームです。

ハーフパンツタイプの介護服としてはこのジャージタイプものがポピュラーかもしれまsんね。

入浴を補助したりなど、水場に接することは意外に多いですので、ハーフパンツタイプの介護服は必要だと思います。

ジャージは体育会系の部活などでも使用されていますし、ジャージと言えば運動という言うくらいの素材ですので、介護の現場でも当然介護服として重宝されています。

ただ、その部活のジャージなどと違う介護現場用の介護服としてのジャージもどんどんと出てきています。

介護の現場では普通の現場より、菌などには敏感にならなくてはなりませんし、清潔にしていなくてはなりません。

もちろん故意にウイルスや菌を持ち込もうとする人は介護の現場にはいないと思いますが、知らないうちに菌やウイルスがついていたという事もあります。

そんな時でも介護される立場の人に菌やウイルスがいかないように、抗菌や防ウイルスに力を入れているジャージも出てきています。

フルテクト加工というらしいのですが、繊維自体に防ウイルス効果があるらしく、ウイルスをその繊維に付着させても、そのウイルスの力を低下させる効果があるようです。

また、その効果は洗濯50回しても変わらず、効果が持続するようで介護現場では注目の介護服になっていって、幅広い職場で利用されているようです。


Copyright(c) 2009-2014 ディレクトリーサーチ All Rights Reserved.